2021年10月23日

都市部と農村部が協力して住宅を建設する権利を明確にし,農村部の振興を助力する

都市部と農村部が協力して住宅を建設する権利を明確にし,農村部の振興を助力する

【光明時評】

このほど、河北省灤平県のある改革が注目を集めている。同県農村財産権取引センターは、都市部と農村部の住民が協力して住宅を建設する際に使用する権利証「協力して住宅を建設する際の使用権(賃貸)の検証書」を発行した。関連専門家によると、これは宅基地改革の歴史的突破で、全国で初めてで、「経済が発展していない農村で複製・普及し、農民の財産性収入を持続的に増やし、農民の貧困還付を防止し、農村の振興に助力する新しい道を作り出した」という。

多くの国民の心の中で、農村に行って家を建てて野菜を栽培して、悠遊林泉、詩的な生活の究極のあこがれです。農村に家を建てなければならない宅地がある。わが国の土地管理法などの法律によると、農村宅地の所有権は農村集団に帰属し、農民は使用権のみを持ち、集団土地使用権は農業以外の建設には使用できない。この制度は農民の最も基本的な土地権益を剝奪と侵害から厳格に保護することを目的としているが、都市化の持続的な推進という大きな背景の下で、客観的に農村の宅地という貴重な要素資源の部分的なミス・バランスをもたらしている。

近年、中国の都市化のレベルが絶えず向上し、農村の常住人口は8億人から5億900万人に減少し、3億人近い農村人口の流出は大量の無人の古い家屋をもたらし、一部の家屋は老朽化し、深刻な損傷を受けている。関係部門の統計によると、全国の遊休農家は7000万軒余りに達し、これは広大な農村と農民にとって、眠っている貴重な財産となっている。農村の要素資源を活性化させ、農民の収入を増加させるために、党第18期中央委員会第3回全体会議は農民に財産権をより多く与えることを提案した。中央の『農村宅基地制度改革深化試験区方案』は、宅基地の集団所有権の定着、宅基地農家の資格権と農民家屋の財産権の保障、宅基地と農民家屋の使用権を適度に行使する具体的な経路と方法を積極的に模索しなければならないと強調した。

これを踏まえて、2019年に中央農村工作指導小組弁公室と農業農村部は「農村宅基地管理の一層の強化に関する通知」を発行し、法に基づいて農民の合法的権益を保護し、宅基地からの脱退を農民が都市に定住する条件にしてはならないと強調した。遊休宅基地と遊休住宅の活働利用を奨励し、契約法によって都市住民、商工資本などの賃貸農家の居住または経営の合法的権益を保護し、賃貸借契約の期間は20年を超えないことを明確にし、契約満了後、双方は別に約定することができる。

このことから、ラン平県の今回の改革は、まさにこの一連の決定規定の背景の下での探索革新であることがわかる。協力して住宅を建設する者に「協力して住宅を建設する使用権(賃貸)検証書」を発行する。これは政府レベルで農村の住宅を賃貸する期間の使用権の合法性を認証することを意味し、農村の住宅を使用する価値属性を付与し、都市と農村の住民の協力して住宅を建設する者の権益を効果的に保障している。この制度が実施されれば、農村の宅地の価格・流通の仕組みも大きく前進することが予想される。はもちろん、この革新上位法の規定に違反しない、農村突破できない集団所有権と土地)農家資格権、那須の厳格な賃貸期間20年を超えないなどの農村)管理規定を同時に住む土地の公有制固守の性格を変えない限り、耕地の糸を突破し、農民の利益がない3条エンドラインを損傷せず、改革の確保は正しい方向に推進。

経済理論では、財産権が明確であれば、市場取引はパレート最適の資源配分を可能にすると言われています。授与『協力家屋建築使用権(賃貸)検証書」は、本質的には、農村の土地の集団所有制の土台の上で、明确にし、都市と农村の協力が入居権权属関係というのは要素の資源を活性化するため、資本誘致下郷、農民の財産収入の重要な措置が増え、田舎の振興に役立てることが予想される。

(著者:鐘超)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です