2021年10月23日

大竜網は越境電子商取引の「4大賦能」を支援し、サービス貿易の健全な発展を推進する

2021年6月16日、中国(西安)でグローバル越境電子商取引企業サミットが開催された。「世界で共有・連鎖的に働くグローバル」をテーマに、大竜ネットグループは招待されて出席し、グループ董事長の馮剣峰氏は「デジタル貿易の新構造の下でサービス貿易の新思考回路を推進する」をテーマに、大竜ネットグループがデジタル貿易の新トレンドの下で越境電子商取引産業の発展を助力する新思考回路を共有した。大竜網は「一つのオフラインセンター」(竜工場デジタル貿易産業サービスセンター)+「二つのビックデータプラットフォーム」を中核とする越境デジタル貿易産業サービスシステムを重点的に共有し、国内・海外の2大市場主体にチャネル賦能、金融賦能、ブランド賦能、運営賦能の「4大賦能」を提供した。

ルート賦能の面では、国内外の市場ルートの整備と内外貿易を組み合わせることで、現地産業の受注獲得をサポートすることに力を入れています。インドネシア市場を例にとると、大竜網は双方向チャネルの沈下に基づいて、双方向エージェント采売の革新的なサービスを打ち出しただけでなく、国境を越えた電子商取引の効率を大幅に向上させた。また、安徽省東至箱包産業を含むために優良な海外市場を開拓した。

金融賦能について、大竜網はビッグデータなどの新興テクノロジーを十分に活用し、ビッグデータ支援信用募集プラットフォームを支えとして、資金需要の異なる企業の問題を解決し、地元企業に発展の動力を注入する。大竜網が中小企業を対象に打ち出した運輸貿易通などの製品は、現在すでに江津大市場で試験的に実施されており、数百の小商人が資金難を解決するのを支援している。大同物流保税センターでは、大竜網がサプライチェーン金融サービスで牛肉、ナッツ企業を大同物流保税センターに誘致し、全国ブランドとサプライチェーンセンターを形成する。

ブランド賦が側にチャンネルを借り、賦がと金融賦が過程での累積できるつ暗大データ、立体式再构筑して現地の差で産業生態圏、現地の特色の製品のブランドと全国建設サプライチェーンの中心を目標に、大トリートメントくせ毛専用ブラシ付きを構築した大データから選挙品基準に出発し、品のコントロール格付け、格付けからブランド、ブランドから金融、金融からチャネルまで、全産業チェーンでサービスを提供する。大竜網が品浪と手を結んで精神茶局を含む新しい消費ブランドを作り上げ、このほど閉幕した第1回中国国際消費財博覧会はメディアと参加消費者から熱い支持を受けた。

運営賦能については、園区に投資誘致運営、企業の孵化、専門人材の育成などの産業サービス手段を提供することで、デジタル貿易産業の集積を促進し、園区運営の質と効果を高め、現地にデジタル貿易産業の生態圏を構築し、新経済発展の原動力を育成する。沛県の例では、2016年11月に大竜網が竜工場(淮海)越境電子商取引産業園の全体運営を担当し始め、2019年末までに累計で8億ドル以上の新規新規追加額を達成し、291社の企業を誘致し、1000人近くの専門人材を育成した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です