2021年10月23日

天気は「暑い」と建設は「暑い」海南省の5月の電力使用量は史上最高を記録した

海口6月17日電電:南方電網海南電網公司は17日、5月の海南省の社会全体の電力使用量が40.72億kwhに達し、前年同期比15.38%増加し、月間の電力使用量が史上最高を記録したと発表した。省全体の電力使用世帯数が320万世帯を突破し、前の5月の社会全体の累計電力使用量は155億7700万キロワット時で、前年同期比17.30%増となった。

紹介によると、海南省では5月以来、広い範囲の高温気象が続いており、冷却負荷の需要が旺盛で、電力負荷が10回連続で高さを記録し、統一調整の最大負荷は47.4万キロワットに達し、統一調整の日電力量は7回連続で高さを記録し、13681万キロワット時に達した。5月の第3次産業と家庭用電力の高成長は、観光市場の回復が続いており、省電力の高成長を維持している。1 ~ 5月は、第一次、第二次、第三次産業と電気使用量がともに二桁の伸びとなった。

分析によると、海南省の第一次産業の前の5月の累計電力使用量は、前年同期比10.21%増の7億6100万キロワット時時となった。このうち、農業、畜産業、灌漑用電力需要は、前年同期比でそれぞれ15.37%増、59.13%増、65.77%増の高速成長を続けている。

海南自由貿易港建設の加速推進に伴い、建設業及び製造業の電力需要が増加し、第2次産業の累計電力使用量は60億8200万キロワット時で、前年同期比12.83%増加した。省内の自由貿易港重点プロジェクトの着工工事が順調に進んでいることから、建設業界の電力需要は前年同期比32.01%増、ここ2年間の平均成長率は13.67%と急速に伸びている。

第3次産業の累計使用電力量は56億6400万kwhで、前年同期比28.37%増となった。海南省の観光市場は引き続き好調で、離島の免税市場は人気があり、「メーデー」の小さな連休と消費博覧会の開催は省内の観光熱をさらに高め、第三次産業の電力使用量も回復し、再び省内の電力使用量の増加をけん引する主要な原動力となっている。このうち、卸・小売業、宿泊・飲食業は前年同期比46.52%増と45.65%増となり、3次産業用は5.79ポイント増と6.34ポイント増となった。5月末までに、同省の新エネルギー自動車保有台数は7万7000台に達し、保有台数の割合は全国第4位となった。同省の充電・交換サービス業の電力使用量も引き続き2倍以上の伸び率を維持し、最初の5ヶ月の累計電力使用量は前年同期比233.17%増の1億2900万キロワット時となった。消費電力量の累計は30億7100万kwhで,同10.20%増となった。省内では5月にも高温が続き、エアコンの負荷が住民電力の伸びに大きく寄与し、前期比44.25%増となった。

サービス海南未完の港の経済社会発展のために、海南グリッド株式会社推進用のいち资环境を続け、選抜の海港江東ニュータウン、博鰲楽城国際医療観光業種の拡大に先行区报装超常规テスト、実現の高圧班電リストラ~ 2の一環として、オーディションモーゲージの住民と高圧电源単迎え顧客の平均時間電約束時間を大幅に下回った。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です