2021年10月23日

純収入43.2%重保険料132%増

中国の保険・健康サービステクノロジープラットフォーム「水滴」は6月17日、2021年q1の決算報告を発表した。決算によると、水滴公司の第1四半期の純利益は8億8300万元で、調整後純利益は同43.2%増だった。

同社の主な収入源は水滴保険事業で、第1四半期の初期保険料(fyp)は44億6900万円で、前年同期比42.7%増だった。保険料の累計加入者数は2190万人、加入者1人当たりの初年度保険料(fyp)は1165元で、前年同期比32.1%増加した。

同社の創業者で取締役会議長兼ceoの沈鵬氏は、「2016年の設立以来、我々は保険業界の強力な発展から利益を得て、業界を上回る成長速度を達成した。当社のビジネスモデル、強力なデータインサイト、技術力は業界全体の効率化に貢献し、保険業界にも貢献しています」

水滴社は第1四半期にも保険商品の供給を拡大し続け、2021年3月31日現在、プラットフォーム上の保険商品は240種類と、昨年末より40種類増えています。そのほとんどが、最初の保険料の90%以上を占める、水滴の連合保険会社の特注保険商品だった。

製品構成を見ると、主要疾病保険料収入が急成長しています。シーズンレポートによると、このリスクが貢献した初年度保険料(fyp)は前年同期比132%増加した。売れた保険制品は、水滴百万医療2021、水滴百万事故2021、水滴百万重疾病2021、尊享守護c款保障計画、水滴百万医療保険2021青春版及び融客保a款終身重大疾病保険などだ。

四半期報告によると、水滴会社のユーザー獲得構造はさらに最適化されており、内部流量貢献初年度保険料(fyp)は前年同期比65.20%増加した。サードパーティのトラフィック寄与の初年度保険料(fyp)は前年同期比で51.6%増加した。自然フローと購入購入に寄与した最初の保険料(fyp)は前年同期比で48.40%増加した。

水滴公司の共同創業者で保険保障事業群総責任者の楊光氏も、「我々は顧客獲得チャネルを多様化することを堅持しており、自然流量と再購入による初回保険料(fyp)の割合は引き続き上昇傾向を維持している」と述べた。

一季報によると、個人の大病救済事業「水滴基金」の寄付者数は計3億6000万人に達し、累計190万人近い患者のために400億元を超えた。昨年末までのデータでは、3億4000万人以上が水滴募金を通じて延べ170万人に370億元以上の寄付を行った。

資料によると、水滴会社は研究開発への投資を持続的に増やしており、第1四半期の研究開発費は8490万ドルで、前年同期比25.6%増となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です