2021年12月2日

火花思考ハッチ学習の風潮数理思考の素養教育理念が認められた

ここ数年、親の間では「火花思考」の授業など、子どもに数理的思考を学ばせる風潮があります。では、このような授業がどんな魅力を持っていて、親は子どもにどんなスキルを身につけてほしいのでしょうか。中国科学院がこのほど発表した「ポスト感染症時代オンライン素質教育発展分析白書」(以下「白書」と呼ぶ)はその答えを与えている。数理思考課程は典型的な素質教育の実践として、子供が「知識を求める」「物事をやる」「人間として生きる」「共存する」ことを学ぶのに役立つ。

白書では、教育とは、国連教育科学文化机関(unesco)の理念に基づき、「知識を伝達し、才能を発展させ、あらゆる面から生涯を通じて訓練し、発展させることを目的とする、包括的で思慮深い行動」であるべきだと指摘しています。その上で、ユネスコは素養教育のモデルを提示している。教育課程と教育の使命に合わせて、教育は4つの基本的な学習、すなわち「知ることを学ぶ」「物事をすることを学ぶ」「人間として生きることを学ぶ」「共存することを学ぶ」を軸に配置されるべきである。以上の4つの柱が、未来の教育の理想モデルを構成している。

数理思考の課程、まさに上記の素質の教育理念の良い実践です。『白書」によると、数理思考類課程の主な目的は、子どもの問題解決能力を育てる彼らに対する知識の好奇心を引き出し、子どもに対する論理、空間、数理知識などに兴味を育成し、子供が問題に積極的に考えて、自ら答え探しの良い习惯を学び、ユネスコが掲げる教育の本質と赤みが緊密に。

カリキュラムの内容と教育方法の設計から、数理思考類のカリキュラムは生活の実際から出発して、大量に手を組み合わせて実践して、そして子供の好奇心をかき立てる特質を重視して、更に我が国の素質教育に合って「国民の素質を高めることを根本の宗旨にして、学生の革新精神と実践能力を育成することに重点を置いて、「理想あり、道徳あり、文化あり、紀律あり」、徳・智・体美の全面的な発展をもたらす社会主義事業の建設者と後継者の定義と目的。

『白書』では、「火花思考」の授業を例に、ユネスコの4つの柱の理論と合わせて、数理思考の授業の価値を分析している。

知的好奇心を身につけるという観点から、数理思考の授業では、テーマに関連した生活シーン、手を動かしたり、ゲームをしたり、質問をしたりすることで、子どもたちの学習意欲を引き出します。探求的・体験的な学習を軸に、丸暗記を拒否して、自分で探求し、自分で感じ、能動的に学ぼうとする習慣を身につけるのです。

学会の仕事の角度から见て、数理思考課程自己探求の経験によって、子どもに対する問題の解決方法と予想し、先生は、子供の表现を励ましをまとめ、子供の自己意识を強化し、結局、子供の予想、先生に子供が同じ類型の問題は、子供は前の自己と自己検証ごとに、子どもに正しいやり方を教えましょう。

学会の人間の角度から见て、数理思考課程を通じて子供に対する知識全体の探求、予想テーマの誘導、検証を省察し、まとめて問題解決に思惟と戦略は、子供たちの元に認知能力を育てるのに、思弁的な能力と省察能力、教会の子供が増強の自律性や判断力、個人責任の土台の上で行動し、子どもの正しい人生や世界観の確立を支援する。少人数のクラスの交流の形式は、さらに、同世代の学生の相互間の交流、啓発、競争、協力を促進し、学習の方法を豊かにし、学習の雰囲気を作成して、子供がどのように他の人と一緒にすることを学ぶことができます。

『白書』によると、数理思考のこの種の思考課程は、カリキュラムの設計において興味を育成し、素質を強化する役割を果たすことができ、同時に教育理念においても、素質教育理念、教育の四本柱の理論に対する良い実践である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です