2021年12月2日

農業銀行は南水北調集団と戦略的協力協定を締結した

農業銀行は6月16日、中国南水北調集団有限公司(以下、南水北調集団)と戦略的協力協定を締結した。協定によると、双方は口座と決済、融資協力、公私連携、デジタル変革とイノベーション投資銀行などの複数の方面で深く協力し、全方位的な戦略的パートナーシップを構築する。

農業銀行は16日、党書記、会長谷澍劉淇党副書記、頭取张青松劉淇党委員、副頭取崔勇党書記、プロジェクトグループ会長に会った蒋旭光一行、プロジェクトグループの党副書記、张宗言社長は、党のメンバー、赵登峰副社長に会った。農業銀行の崔勇副頭取と南水北調グループの趙登峰副社長がそれぞれ代表して協約を締結した。

谷澍氏は蒋旭光一行の訪問を歓迎し、南水北調集団の農業銀行に対する信頼と支持に感謝した。谷澍氏は農業銀行の各種経営状況を紹介し、特に水利プロジェクトと農地水利施設の建設を支援する仕事状況を紹介した。次のステップで、農業銀行は南水北調の後続プロジェクトの建設、グループの渉水プロジェクトの金融支援を継続して行い、また公私連携を通じて南水北調グループの従業員に総合的な金融サービスを提供し、銀企業の全面的で深い協力を推進する。

蒋旭光氏は、農業銀行が南水北調工程を含む水利プロジェクト建設に対して長年支援してきたことに感謝し、水量保障と水質改善の両面から、上記プロジェクトが水に通じてから発揮してきた巨大な生態系的利益と社会的利益を紹介した。

双方はシルバー企業が協力して南水北調後続工事プロジェクトの建設を推進し、「四横三縦」国家水ネットワークの構築に貢献するという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です