2021年12月2日

二重炭素戦略協同革新専門家ワークステーションが閩に設置された

厦門6月19日放送:炭素達峰、カーボンニュートラル、今ホットな2つのホットワードです。19日、厦門で開催された2021年全国河口流域生態環境大会で、「3060」二重炭素戦略共同イノベーション専門家ワークステーションが正式に立ち上げられた。

中国科学院の陳運泰院士、戴民漢院士、厦門大学の江雲宝副学長、厦門大学嘉庚学院の洪永強副院長が共同で除幕した。ワークステーションは厦門大学海洋環境学院創院院長で、今回の大会学術委員会主任の洪華生教授を主任に迎えた。厦門大学嘉庚学院環境科学及び工程学院院長の盧昌義教授が執行主任となる。

厦門大学、中国海洋学会及び厦門大学嘉庚学院が共同主催した今回の大会には、全国から生態環境、河口流域、二重炭素戦略分野の仕事に従事する専門家と学者200人余りが参加し、オンラインでオフラインで共に学術活動を展開する。

主催側が、ワークステーション設立後は組織の交流、学術研究報告を通じて、论证会、セミナー、専攻研修、コープ布教、成果や製品展示会などの強化研用の融合、内科と技术の応用と成果の産業化を推进し、资源共有;組織の専門家やユニットは、炭素のピーク、カーボンニュートラルアクションの行働ルートを科学的に設定し、「3060」の目標に関連するキー技術、共通の技術、および関連する人材の育成を設定します。

同日の大会では、5回の招待報告と4つのテーマ別会場報告が行われた。また、会議に出席した専門家や学者が3つのコースに分かれ、それぞれ九竜江河口湿地、厦門下潭尾浜海湿地、厦門湿地公園を視察する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です