2021年12月2日

石家荘初の総合越境電子商工業パークが投入される

石家荘越境電子商取引産業パーク19日、河北省石家荘初の総合越境電子商取引産業パークが正式に使用された。これは中国(石家荘)越境電子商取引総合試験区の輸出入通路が正式にオープンしたことを意味する。

石家荘越境電子商取引産業園は中国(河北省)自由貿易試験区正定地区に位置し、敷地は123.34ムーで、億博控股集団有限公司傘下の河北シルクロード之窓電子商取引有限公司が建設・運営している。

近年、越境電子商取引は輸出入業界の「パワーマン」となり、特にcovid-19の流行が発生して以来、越境電子商取引のコストが低く、リンクが短く、非接触取引などの優位性が日増しに浮き彫りになっている。中国税関総署の統計によると、2020年の中国の越境電子商取引の輸出入額は1兆6900億元(人民元、以下同)で、前年同期比31.1%増となった。発展のボーナスに直面して、石家荘”ビーチ”越境電子商取引産業”ブルーオーシャン”。2020年11月、石家荘は「越境電子商取引の急速な発展の促進に関する若干の措置」を発行し、各企業が石家荘で越境電子商取引関連業務を展開することを支援し、奨励した。

石家荘市商務局の趙磊副局長は、石家荘の越境電子商取引は着実に発展し、越境電子商取引の取引額は急速に増加していると述べた。現在、全市で越境ec事業を展開する企業は800社余りで、全市の輸出入実績企業数の約25%を占めている。同部門は引き続き、地元の越境電子商取引のイノベーション発展を推進し、県域の特色ある産業と越境電子商取引の融合発展を推進し、総合保税区機能を十分に活用し、化粧品、粉ミルクなどの専門貿易プラットフォームを育成する。

石家荘越境電子商工業園は一日の処理量が10万件に達し、越境電子商取引通関検査センター、現代倉庫、分配センター、マルチモーダル輸送、物流加工、電子商取引事務などの機能を備え、入居企業にワンストップサービスを提供することができ、関連産業の集積をより良く促進することができる。

「越境電子商取引の発展には、強力な国際物流輸送のサポートが必要だ。」石家荘国際陸港の劉金朋常務副総経理は次のように述べた。石家荘国際陸港は中欧の列列を開設し、越境輸送の利便化レベルを高めるための通路を開いた。そしてその建設した海外倉庫を越境電子商取引の重要な海外ノードとし、電子商取引企業が海外で現地化した運営、配送、サービス、市場開拓の重要な依存となる。

「越境電子商取引は国際貿易分野で最も競争力のある新モデル、新業態、新エンジンとなった。」億博ホールディングス刘瑞领有限会社の会長は、「国境を越えた石家荘電商は産業団地が国境を越えたグローバル良質の電気商資源を中心に、産業生態圏の加速を続け、健康の構築、河北省石家荘ないしは「グローバル・売り买」の窓口の名刺を構築のため国内の国際双循环新構図に贡献する力である。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です