2022年1月28日

雄安新区初の新220キロボルト変電所を投入

雄安6月19日報道雄安新区の重点プロジェクトとして、雄安初の220キロボルト変電所——劇村変電所が18日21時に正式に投電を完了した。この変電所は、張北風力発電の雄安進出を請け負う拠点変電所で、雄安新区の大規模開発・建設に向けて確実な送電保障を提供する重責を担っている。

劇村変電所は2019年9月に建設を開始し、「共有統合型」の理念を掲げ、変電所をベースに、覆土空間の複合利用を革新的に探索し、「1+5+ x」都市スマートエネルギー共生体を建設し、変電所の外観と周辺の緑の景観が一体となり、オープンガーデン広場を形成した。国内初のグリーン星級変電所、初の箱型ビーム構造変電所、初の最高標准組み立て式変電所、初の全総合管廊出力変電所、初の市政計画と同期した変電所、初の外壁を開放できる変電所を建設した。

劇村変電所の配電は、雄安新区電網の特高圧から低圧まで全電圧等級の電網工事をカバーする先行試験的な役割を果たし、新区の第1次募集・移転・設置住民に電力保障を提供するだけでなく、新区の大規模開発・建設のために信頼性のある電力供給保障を提供する重任を担う。

国家電網雄安電電公司の関係責任者によると、劇村変電所の建設により、雄安新区デジタル化アクティブ電網建設が速い車線に入るよう推進され、いくつかのエネルギーインターネット革新プロジェクトも実施を加速させる。

2021年、雄安新区は500 kv以下の15プロジェクトを新設し、11プロジェクトを継続し、35 kv以上の路線を76.85キロ新設し、70万kvの変電容量を確保する計画だ。将来的には、雄安新区の500 kvパン雄安新区の二重ループネットワーク、220 kvパーティション電源、110 kvの4つまたは3つのチェーン構造、10 kvの革新的な「二重の花びら」などの高信頼性構造を使用して、地域全体のための信頼性の高い速度で国際的なレベルに達します。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。