2021年12月2日

「嶺健康」で石家荘市の中学校に280万元余りの防疫物資を寄付

6月20日、嶺健康科学と中国赤十字財団、河北省の赤十字社を通じて「花呼吸さえ健康公益行」プロジェクト石家荘市の中学校にさえ花防疫物資、価値は約280まんウォン寄付配向に石家荘で受験生の場所や疫学cdcの寄贈式が、嶺健康城で、石家荘市教育監赵立芬、石家荘市教育局三級調研究員の馬長福、河北省赤十字会党組員、秘書長の任献強、石家荘市赤十字会党組員、秘書長の郝瑞起、以嶺薬業股份有限公司常務副総経理、以嶺健康科技有限公司董事長の張蘊齢らが今回の寄贈式に出席した。

高校受験を控え、師弟の安全保障のため、健康科学嶺石家荘本土企业として、勇に负担の社会的責任、ベネディクト行、公益事業に「花でさえ、邪智莘莘守護」の公益活動、師弟の皆様に寄付の花さえ健康製品の呼吸が、同時に設置オフライン受験生の専門享福祉、手を取り合うバートナーシップキャンパス安全防疫障壁、邪智助力莘莘老题名。

今回寄贈された連花呼吸健康シリーズの製品には、連花清コレラ草本、薬食同源成分が含まれており、細菌、ウイルスを退治し、抑制することができ、先生と生徒が殺菌と保護をしっかり行い、ウイルスの侵入を減らすことができる。

受験生と保護者の夏休み期間中の防疫需要を保障するため、嶺健康科技が寄付活働を開始すると同時に、オンライン商城と線下薬堂が同時に力を入れ、受験生と保護者に連花清ウイルスマスクの爆発珠、連花呼吸健康バッグなどの専用福利厚生を提供し、連花の健康保護の力をより多くの人に伝えている。

covid-19の流行発生以来、嶺健康科学技術は中治療未病の理念を受け継ぎ、漢方医学の特色優勢を十分に発揮し、漢方薬草本、薬食同源の理念を健康制品の研究開発に応用し、消殺、防護、清菲(清肺)、養正四大花呼吸健康シリーズ制品を形成した。同製品は、呼吸器疾患の治療に強みを持ち、「外防内調」で健康な呼吸を守ります。

特殊な流行予防・統制情勢に直面して、以岭健康連合親会社の以岭薬業は今年1月から中国赤十字基金会に5000万元の資金を投入し、「連花呼吸健康公益行」プロジェクトの設立を発起し、連花呼吸健康製品のウイルス伝播抑制作用を発揮し、常態化流行予防・統制を助力する。

将来、以岭健康科技は大衆に健康制品を提供し続けるとともに、高い社会的責任感と使命感をもって抗ペスト戦闘に投入し、防疫公益活働を継続して展開し、師弟、医療現場などの人員の健康保護を保障し、温度のある大健康企業を作り、健康中国戦略を助力する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です