2021年12月3日

北京五輪初の臨電工事、正式送電

北京6月22日報道6月20日、動力室の最後の低圧キャビネットが閉鎖運転され、北京の2022年冬季五輪のメインメディアセンターである国家会議センター第2期臨電工事が正式に送電された。総送電容量は19200キロボルトで、当初の計画より10日早くなった。国網北京市電力公司によると、冬季五輪の公式競技に対応する初の臨電プロジェクトとなる。

国家会議センター2期は北京市朝陽区に位置し、北京五輪の8つの非競技施設のうちの1つで、ibc国際放送センターとmpcメインプレスセンターの2つの機能エリアで構成されている。

中国国営網北京電力計画は放送時の電力需要を全面的に満たすため、110キロボルトの国会変電所を建設し、会場側と電力建設とサービス保障の「一体化」協力協定を締結した。また、「倹約・節約」原則を実行し、臨電レンタルサービスのモデルを採用した。競技場のために臨電案の設計と建設、配電設備の設置と試運転、試合時の電力供給保障などのサービスを提供する。

国会第2期臨電サービスプロジェクトは冬季五輪の公式パートナーの象徴的な臨電プロジェクトで、三路市電、柴発機群、ボックス変群、大型ups、ats及びスマート低圧配電網をスマート化して構築し、冬季五輪の電力保障指揮プラットフォームに全て組み込まれて統一的に監視される。

国会第2期臨電事業には、10 kv外部電源工事、低圧ケーブル群敷設など建設内容が盛り込まれている。電力供給方式によると、会館内に開閉器3台、ボックス式総配設1台、1600キロボルト安箱6台を建設し、1200キロワットの発電機16台を配置する。

「競技場の狭さや物流路の競合などで、これだけの作業では本来のスペースに配置するのは難しい。オーナー側、設計側と何度も現場を踏査し、話し合い、検討を重ねた結果、一階をケーブルメザニインとし、二階に電気設備を設置する二重鉄骨工法を開発し、従来の平積み方式を打破し、建設スペースを効率的に節約できた」と述べた。国網北京電力冬季五輪弁公室の戴貴生副主任は次のように紹介した。

解決のための後続巡視と温はかせ负荷などの難題を保障し、運行诉北京豊台送電会社の全として具体化建設モニタリングシステム、電線の共有で16条测温光ファイバと95台のカメラを設置、送電指揮システムを通じて、リアルタイムでオンラインの監視設備及びケーブル運行状態、リアルタイムの処理の異常情報通報。同時に、発電機とネットワーク制御保護モジュールを開発し、7種類の異なる場面で低電圧スイッチの効果的な制御を実現した。低温自持機能を備え、冬季のマイナス20度でも全智能自動投切運転を実現し、競技場の電力信頼性をさらに向上させた。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です