2021年10月25日

明朝の万達氏が「中国ネットワークセキュリティトップ100報告(2021)」に選ばれた

国内デジタル産業の第三者調査・コンサルティング機関である数世諮詢は16日、「中国ネットワークセキュリティ100強報告(2021)」(以下「100強報告」と呼ぶ)を正式に発表した。そのうち、北京明万達科技股份有限公司(以下、明万達)は、データセキュリティ分野での事業力、優れた技術革新力、業界の豊富な顧客経験などを武器に、上位100社の「競争企業」に名を上げている。

100大レポートは、国内700社余りのサイバーセキュリティ事業を営む企業を調査し、100の評価指標に基づいて、さまざまな角度、次元の企業関連データを組み合わせて整理し、評価している。中国の新世代情報セキュリティ技術企業の代表メーカーとして、明の万達深耕データセキュリティ分野で16年間、企業の総合力は業界と顧客から高く評価され、総合力100強にランクインした。

10年余りの発展と蓄積を経て、明の万達の顧客は金融、政府、公安、電信事業者、エネルギー、設計研究所と研究開発製造業などの分野をカバーして、業界の顧客の信頼と肯定を深く受けて、業界の市場で広泛で長期的で安定的な協力関系を筑いて、契約ユーザーは3000社を超えています。現在600人以上の従業員がおり、本社は北京にあり、上海、広州、成都、西安、貴陽、天津、武漢、南京、無锡、長春などに支店がある。

明万達は一貫して技術革新を企業発展の核心推進力とすることを堅持し、清華大学博士と修士をバックボーンパワーとする核心研究開発チームを建設した。これまでに300件余りの発明特許を出願し、140件近くの特許を授権している。iso9001、iso27001、cmmi3などのシステム認証を通過して、同時に電気通信と情報サービス業務経営許可証icp特殊業界認証を持って、自主的に一連の制品を開発して国家暗号局商用暗号制品認証、国家重点新制品、北京市新技術新制品など多くの認証を取得しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です