2021年10月25日

秦淮データ集団とテンセントはクラウドコンピューティングの新しいインフラ産業の境界を共拓するために戦略的協力を行っている

6月22日、秦淮データ集団(nasdaq: cd)とテンセント(hk: 0700)は戦略的提携契約を正式に締結した。今後、双方はそれぞれの優位性を十分に発揮し、資源を積極的に統合し、スマート産業プロジェクト、クラウドコンピューティングインフラ建設、資源相互交換などの方面で深い協力を展開し、二炭素時代のクラウドコンピューティングインフラ産業の連携の新たな境界を共同で広げる。

秦淮データグループはアジア太平洋新興市場における中立的第三者超大型データセンターソリューションキャリアであり、中国、インド、東南アジア市場における次世代超大型データセンター建設のパイオニアであり、中国のインターネットインフラのリーダーでもある。テンセントは、2018年に産業インターネットのレイアウトを開始し、豊富な製品やサービスのエコシステムに基づいて、さまざまな業界のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。今回の双方の連携は、それぞれの資源を全面的に通じ、千行百業のデジタル変革のために、より良質な情報技術インフラを提供する。

具体的には、政府、工業企業、観光、教育、医療、エネルギー、交通など多くの分野でスマート産業戦略協力関係を構築する。第1期双方は大同スマートシティ、大同工業インターネット、スマートテキスト旅行、スマート医療などのプロジェクトを共同で開拓し、地域の顧客が産業アップグレードを実現できるように全面的に助力する。

云計算インフラ建設のレベルでは、双方が、資源を共同で投入について、全国的に雲計算基盤施設の立地の妥当性を深化し、データセンター基盤施設、帯域基盤施設、itファイバインターネット情報技術基盤施設、資源などの面での協力は、現地政府と産業基地建設案を検討。同時に、全国にクラウドコンピューティング基盤施設の合同実験室を建設し、データセンターの装備製造などで協力の可能性を検討する。

それどころか、両企業級の炭素中和の数字を成し遂げるとして経済企業、大坂データグループとテンセントは源網強化計画荷积一体化などの方面の研究協力し、データセンターの物理の位置、エネルギータイプ、運行モード、電力容量、運行時間、データセンター応用タイプなどの面で、地域のクリーン・余裕エネルギー資源の利用効率を高め、グリーンエネルギーの実現を推進する。

同時に、それぞれのクラウドコンピューティングインフラストラクチャの需要に基づいて、それぞれのリソースを開放し、双方のデータセンターのインフラストラクチャ間のリンクを通じ、それぞれの最も競争力のある総合的な製品ソリューション能力を統合して、さまざまな業界のためにより正確で効果的なデジタル変革のソリューションを提供します。

クラウドコンピューティングとビッグデータサービスの深化に伴い、産業のデジタル化は必然的なトレンドとなっている。未来が大坂、データのグループとテンセントの協力が深く、双方が十分にはそれぞれ云インフラ分野の計算深耕優位を積極的に模索云の计算は、政務、工業、文旅団、教育など、各産業の連動案をデジタル産業の超绝の動力を提供し、さらに中国デジタル新インフラ発展加速。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です