2021年10月25日

遼寧省紅沿河原子力発電所5号機の中広原子力発電所が初めてグリッドに接続し発電した

深圳6月25日報道深圳に本社を置く中国広核集団(略称:中広核)は25日、同集団傘下の遼寧省紅沿河原子力発電所5号機の負荷スイッチが同日12時35分に開閉を完了し、初の発電系統に接続されたと通報した。これは、紅沿河原子力発電所5号機が発電能力を備え、商業運転の目標に向けて重要な一歩を踏み出したことを示している。

初の系統接続の過程で、紅沿河原子力発電所5号機の各設備パラメータは正常で、状態は良好に制御されていた。その後、紅沿河原子力発電所5号機は計画通り一連の試験を実施し、商業運転条件の各種性能をさらに検証する。辽寧省紅沿河原子力発電有限公司の廖偉明総経理は次のように表明した。同社は国家の原子力安全に関する法律法規と技術規範の要求を厳格に遵守し、「厳正慎細実」の仕事スタイルを真剣に実行し、慎重に運転し、発電機の安全と安定を確保して商業輸送を実現する。

今年は中国共産党創立100周年、「第十四五」のスタートの年であり、紅沿河原発第二期工事の生産開始の年でもある。質の高い製品を実現するために基、赤い川沿いに原発会社としてはこれに続き学ぶ教育開新局の重要な内容を発揮した赤い川沿いに原発1期工事デバッグ機4台、運行、点検過程で、良好の実践の豊富な経験と、绝えず、団結と協力を保障している乗務臨界、タ-ビンで初めて冲などの一連の重大な一回を通じてノードに移した。

赤い川沿いに原発5、6号機2期工事均用核グループの中国広acpr1000技術を搭載した非动応急上級冷却水原システムなどの3大非动システム、実施した2次側の臨時锖、移動式の応急電源など11項技術改良、3世代原発の主要技術の特徴を、安全の水準をさらに高める。

と、赤い川沿いに原発1期機4台が全面製品化は2016年に建てられ、東北地域の1基の原発との最大のエネルギーとして投資プロジェクトは、2020年末までに、赤い川沿いに原発が累積インターネット清浄エネルギー量1572おくキロワットは、等価标煤消耗を減らすにあたる約4803まんトン、二酸化炭素の排出が約1.32おく万トンで、二酸化硫黄を2.94万トン削減し、窒素酸化物を3.07万トン削減し、総合的な温室効果ガス削減量は森林の吸収量35万3700ヘクタールに相当し、東北の古い工業基地の振興と東北地域のエネルギー構造の調整に積極的な役割を果たし、炭素達峰、カーボンニュートラル目標の実行に重要な意義がある。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です