2021年10月25日

阿里農産品電子商取引報告:コールドチェーンの急速な発展、冷たい新鮮な牛肉は初めて販売トップ10に入った

6月24日、農業・農村部管理幹部学院、阿里研究院は共同で「農産品の電子商取引が村から町へ研究に出る:阿里プラットフォームを例に」を発表した。これは2013年以降、7回目のアリ農産物電子商取引報告書です。

同報告によると、2020年、阿里プラットフォームは農産物売上高3037億元を達成し、前年比50%以上増加し、国内第1位の農産物上りプラットフォームを連続して達成した。

同報告によると、アリアリは農業に再投入することによって、5大生産拠点、1100以上の県域共同配布センターを建設し、全国に1000のデジタル農業基地を建設し、プラットフォームを農村に拡張し、農業経営主体の探索コスト、複製コスト、輸送コスト、追跡コスト、検証コストを効果的に削減した。

黒竜江、北京、陝西の3省市が最も増加幅が大きかった

報告書は過去1年間の阿里プラットフォームの農産物が村から町へ出た状況を総括した。

売上総額で見ると、上位10省は浙江省、江蘇省、広東省、山東省、上海省、福建省、安徽省、四川省、北京省、雲南省となっている。西部2席(四川、雲南),中部1席(安徽)。

売上総額の前年同期比伸び率を見ると、上位10省は黒竜江、北京、陝西、青海、寧夏、チベット、甘粛、四川、遼寧、吉林となっている。北京を除く9省は中西部及び東北から来た。

最も急速に成長している黒竜江省を例に挙げてみると、管轄の牡丹江市には現在100社余りの農業産業化の先導企業、協同組合が電子商取引の経営に従事しており、2020年の農産物のネット販売額は4億7400万元に達している。

品目別では、純牛乳、混合ナッツ、普洱米、代用/ハーブティー、牛肉類、鴨肉スナック菓子、ステーキ、即席ツバメの巣、天然粉食品が上位10位を占めた。

報告書の分析によると、上位10品目から、3種類の農産物が電子商取引のチャンネルで最も人気があることがわかる。第一に工業化された農産物、例えば純粋な牛乳、即席で食べるツバメの巣など。二は乾物農産物、例えば混合ナッツ、普洱米、代用/ハーブティー、天然粉食品など、この制品は貯蔵に耐え、輸送も容易である。第三に、冷たい新鮮な農産物、例えば冷たい新鮮な牛肉の売上高は今年初めてトップ10に入った。これは阿里などのプラットフォームが農業の「最初の1キロ」建設に投入されたことによるもので、コールドチェーンは急速に発展している。

農産物の電子商取引では、広東省、浙江省、江蘇省、山東省、上海が上位5位に入った。2020年度には、農産物のオンライン消費が急速に伸びており、そのうち雲南、北京、遼寧、河北、上海、四川、重慶、広東、広西、天津、吉林の伸び率が全国平均を上回っている。

電子商取引による恩返し農業が新しいトレンドになっている

報告書は同時に農産物電子商取引の「上位100県」リストを発表した。その中で、宿迁懐文県(花)、泉州清渓県(中国)、行业相豊県(りんご)、煙台栖霞市南平(りんご)、武夷山市(だいこうほう、金骏眉)、起きたら武義県(梅花)、泰州興化市(スパイス)、”、”東海県(绿植、カシューナッツ炒め)、宁德福鼎市(白茶)、ハルビン五常市(コメ)全国上位10位を占めた。

農産品電子商取引百強県が最も多い省は山東省の20県で、次いで江蘇省の14県、福建省の13県となっている。上記3省の合計は100強県の半数近くを占めている。第4位の浙江省では12県が選ばれた。

最近、「北上広曹」の大火に見舞われた山東省の曹県は、農産物電子商取引上位100県のリストに入っていない。曹県には17の淘宝網鎮、151の淘宝網村があり、全国第2位となっている。その電子商取引産業は出演衣装、漢服、木製品を中心としている。しかし、実際には、曹県では、電子商取引による還元農業が新しいトレンドになりつつあり、インターネット販売が地元の専門的な唐辛子栽培協同組合の出現を導いている。唐辛子の保存と鮮度等級のために、曹県は大型冷蔵倉庫と生鮮物流チェーンを建設した。

832の脱貧県では農産物電商販売トップは、それぞれのシーサンバンナモンハイ(普)、文山州ムンサン市(七三)、宿州トウ山県(果物)、重慶豊都県(牛肉)、岳平江県(豆腐干)、重慶奉節県(脐橙)、保定ライ水県(m、雑穀)、アサモア・ジャン遂川県(ベーコン)、定西岷県(薬草)、商丘虞城県(牛肉、牛乳)。

上位10の脱貧県では、雲南省の勐海県と汶山市が上位2位に入る。重慶では豊都と奉節の2県がランクインした。北から来たのはライ水、岷県、虞城の3県だけで、わが国の農業の主な生産地として、北にはまだ大きな潜在力があることがわかります。

農産品が村に出て町に入るのは「五関を越えて六将を断つ」

農業農村部管理幹部学院が調査した結果、電子商取引は農村の人材振興を促進したと考えられる。流行の下で、阿里「村播」計画、電子商取引創業大講堂、貧困脱却・難関県域モデル班、県域デジタル転換期訓練計画などのプロジェクトは、貧困層の電子商取引知識と技能を向上させ、地元の農家アナと「商品を持つ」リーダーの育成を支援した。

報告書によると、農村の電子商取引の発展は現在非常に好調だが、いくつかの困難もある。たとえば、僻地にあり、ネットワークや物流の「最初の1キロ」という難題があったり、農産物の生産に計画性がなく、品質が低く、均質化が進んでいたり、ecチェーンに溶け込めないことがある。

これについて報告書は、「デジタル中国」建設の加速に伴い、農村電子商取引の急速な発展が農民の増収をもたらし、農業のモデル転換とアップグレードを推進するとみなしている。地方政府や従事者にとって、農産物の電子商取引がチャンスをつかみ、村から町への道が基本的にスムーズになるためには、「五関を越えて六将を断つ」必要がある。

「過五関」とは、農産物の電子商取引が村から町へ出る「検索コスト、複製コスト、輸送コスト、追跡コスト、検証コスト」の5つのコストを下げることを意味する。「六将を断つ」は、製品、主体、技術、ルート、人材とプラットフォームの6つの方面から力を出し、農産物電子商取引の健全な発展を保障する。

その中で、農産物電子商取引の発展を制約する加工・流通技術の応用が遅れる問題について、報告書は産学研、政府と社会資本が協力して技術応用の難問を解くことを促進するよう提言している。この方面では、過去3年間で阿里と中国化農業、30人余りの農業院士科学者、農業栽培専門家などはすでに多くの協力を得ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です