2021年10月25日

「二重炭素」目標を爆発させる中国のクリーン熱供給市場企業が北上してビジネスチャンスを拓く

長春6月26日第2回中国・長春新環境保護新エネルギー産業博覧会が26日、中国各地から100社余りの企業が新製品を携えて出展し、大勢のプロの観客を集めた。

2年しか経っていないにもかかわらず、専門性が高く、予想以上の盛り上がりを見せた。江蘇省無锡にあるヒートポンプ暖房企業の販売マネージャー、張志安氏は次のように考えている。現在、各地の政府や関連業界は炭素排出圧力に直面しており、設備の状況をいち早く把握しており、企業もこのタイミングを見定めている。

この無锡企業はここ数年、中国の「石炭を電気に変える」政策のきっかけをつかみ、北方の多くの村、学校、病院、政府機関のために清掃暖房方案を作った。「『二重炭素』を背景にしたクリーン熱供給市場は、二倍に拡大すると予想しています」東北地区の暖房期間は半年にも及び、一部の実力企業はここで広大な市場を開拓したいと考えている。

今回の展示会にはボイラー・電気暖房展示エリア、ガス・バイオマス付帯展示エリア、浄水展示エリア、エアコン・ヒートポンプ展示エリアなどが設けられ、製品タイプは全面をカバーしている。出展企業の中には技術によるものもあれば、資本によるものもあれば、堅守によるものもある。

同日、各地方政府の代表団も訪れ、清掃熱供給設備を調査した。多くの企業の中で、長春の半導体電気ボイラー設備企業は代表団に深い印象を残した。同社のゼネラルマネージャー、テン・ウェイリャン氏は、製品が優れているからではなく、製品ラインが豊富だからだと考えています。

この会社はさまざまなボイラー製品を生産しており、製品概要は50ページにも及ぶ。tenweiliant氏によると、クリーンエネルギーは現在、暖房から生産へと急速に拡大している。大手顧客のニーズは比較的豊富で、製品の性能がほぼ同じという前提の下で、彼らはすべてのニーズをワンストップで解決する傾向があり、同時に複数の企業と取引することを好まない。

展示会の主催者は、「二重炭素」の目標を実現するのはハードな戦いであり、熱供給分野は低炭素モデル転換を実現する重要なコースの一つであり、業界企業のために良いインタラクティブなプラットフォームを構築し、グリーン発展のためにより革新的な解決策を提供することを望んでいると説明した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です