2021年10月25日

エネルギーチェーングループのパートナー徐輝林:デジタル化技術でエネルギー産業のサプライチェーンの新しい方式を構筑する

このほど、「2021年中国独立製錬所ブランドプロモーション及び中国石油製品市場サミットフォーラム」が山東省東営で開催された。会議では、能鎖グループのパートナー徐輝林氏が「能鎖物流はエネルギー供給チェーンのデジタル時代を開く」と題した講演を行い、能鎖のエネルギー供給チェーンのデジタル化における案と実践を共有した。

徐輝林氏によると、石油製品業界では、エネルギーチェーンの戦略的展開はエネルギー消費端からエネルギーデジタル化領域に切り込み、団油プラットフォームに頼り、c端の流量を集約し、上流のガソリンスタンドに流れを誘導し、ガソリンスタンドの流量を油庫と精錬所に移し、集中購買の優位性を創出する。同時に、デジタル化技術で物流輸送や第三者倉庫などの資源を集約し、さらに産業チェーン全体に輸出することができ、取引の各段階の効率性や規範化、透明化レベルを向上させることができる。

エネルギー・チェーンロジスティクスは業界にフルセットの物流ソリューションを提供することを目的としており、デジタル化によってエネルギー・サプライ・チェーンを再定義し、そのビジネスキャリアはエネルギー・チェーンダイレクトのappとなる。このプラットフォームには、製油所、給油所、物流などエネルギー物流に関わる関係者が集まっており、これまでに100社以上の製油所にアクセスしている。「電子商取引のプラットフォームで買い物をするように、製油所の原油価格を毎日提示することができます。給油所から油が入ってきて、ワンクリックで注文ができます。石油製品の輸送に関しては、製油所の配車輸送か、第三者の物流輸送かを決めることができます」徐輝林氏によると、ワンクリックで油を呼び出せるのはアプリの中核機能で、取引や物流をプラットフォーム化することで、需要予測や底値増加など、上流・下流のために複数の価値を生み出すことができる。

オイルと呼ばれるワンクリック以外に、エネルギーチェーン直給プラットフォームを中心に、エネルギーチェーンは他のサポート技術システムを構筑した。主に輸送プロセス上のチェーン、プラットフォームのリアルタイムの発送伝票、制錬所のワンクリック出荷、全行程の可視化などだ。例えば、全行程の可視化では、車両のリアルタイム位置表示、輸送軌跡の確認、伝票の再生、予約待ちなどの効果が得られます。

また、生態資源と連携して、産業チェーンサービスの境界を広げることができます。現在、エナジーチェーンは銀行と提携して、供給チェーン金融サービスを開始し、石油ステーションと精製所のための金融クレジットを提供する。同時に、油品の品質問題に対して、連鎖的に二重保険を構築することができる。一つは中検、sgsなどの権威機関と連携して出荷油品を検査し、もう一つは保険会社と協力して百億油品品質保険を発売する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です