2021年10月25日

医渡科技は2021年度の業績を発表した。収入は前年同期比55.4%増

医療ビッグデータ技術及び人工知能ソリューションを提供する医渡科技株式会社(以下「医渡科技」といいます。)は6月28日、関連会社及び連結子会社を併せて「グループ」とし、株式コード2158. hk)は、2021年3月31日までの会計年度(「2021年度」または「期間」)の連結業績(以下、「報告」といいます。)を精査しました。

まず、2021年度の業績を整理すると、売上高は前年同期比55.4%増の8億6700万元となり、ビッグデータプラットフォームとソリューション部門は同8.1%増の4億200万元となった。ライフサイエンスソリューション部門は前年同期比79.3%増の1億8400万元となった。健康管理プラットフォームとソリューション部門は、前年同期比353.1%増の2億5200万元となった。粗利は前年同期比123.4%増の3億2700万元となった。粗利率は同11.5ポイント増の37.8%となった。非ifrs調整純損失は同14.7%減の2億7500万元となった。

2021年3月31日時点で、同社のデータインフラは全国20省以上の500以上の医療機関会社をカバーし、50以上の疾病分野で専門病院を設立し、研究レベルのエビデンスを効率的かつ迅速に生産している。医渡科学技術研究所とビックデータプラットフォームに基づいて作成された論文は累計100編近くに上る。

同報告によると、2021年度、医渡科技は医療ビッグデータ基盤であるyiducoreを継続的に強化し、同時に既存顧客と新規顧客を通じてyiducoreに構築された新規事業を強力に拡大した。総収入は8億6700万元に達し、前年同期比55.4%増となった。粗利率は同11.5ポイント増の37.8%。2021年3月31日時点で、医渡科技は全国20省以上の500以上の医療機関をカバーし、データ処理の質と効率を着実に向上させています。

また、医渡科技は有名病院や専門家と協力して、さまざまな疾病分野で疾病のタグ付けシステムを継続的に構築・充実させ、さらに記号知識推論モデルやディープラーニングなどの人工知能技術を活用して、実世界の疾病モデルを改善・細分化し続けています。

同報告によると、医渡科学技術は現在50以上の疾病分野に専門バンクを設立し、研究レベルのエビデンスの効率的かつ迅速な生産を可能にしており、医渡科学技術の専門バンクとビックデータプラットフォームに基づいてすでに100編近くの論文を生み出している。今期末現在、医渡科技は905件(発明特許522件を含む)の特許を出願しており、そのうち承認済み特許は428件(発明特許59件を含む)となり、独自開発技術力の強化を図っています。

同報告書によると、ビックデータプラットフォームとソリューション部門の売上高は前年同期比8.1%増の4億200万元、粗利率は11.7ポイント増の45.1%だった。2021年3月31日時点で、医渡科技は中国で76の研究型病院、19の政府機関と規制当局にソリューションサービスを提供しています。

一方、ライフサイエンスソリューション事業の売上高は、同79.3%増の1億8400万元、粗利率は同8.3ポイント増の21.7%だった。このセグメントの顧客数は急速に増加し、年間アクティブ顧客数は前年同期比45.9%増の108社となり、新たに製薬、バイオテクノロジー、医療機器の中核企業のアクティブ顧客が25社増えた。メディアドテクノロジーズは、2020年までに収入ベースで世界トップ20の国際医薬品企業のうち15社にライフサイエンスソリューションサービスを提供しています。

また、顧客数の拡大とともに、個々の顧客に提供するソリューションの種類と数を積極的に広げ、顧客価値と粘り強さを高めています。ライフサイエンスソリューションを購入した顧客の収益維持率は、同期間で124%で、主要製薬会社、バイオテクノロジー会社、医療機器会社の顧客は141%だった。

健康管理プラットフォームとソリューションセグメントの売上高は2億5200万元で、同353.1%増と大幅に増加し、粗利率は40.7%だった。yiducoreで蓄積された医療知識とaiを活用して、根拠に基づく医療を一体化した健康管理ソリューションを提供する「factor health」ブランドと、保険会社や保険会社に保険テクノロジーや疾病管理ソリューションを提供する「factor cloud」ブランドを展開しています。報告書の期末時点で、医渡科技の健康管理プラットフォームで少なくとも1回購入した有料ユーザーは500万人を超えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です