2021年10月23日

トップ企業から「チェーンオーナー」に成長村を活性化させる「雑談が一枚上手」

孫おじいさんの娘さんは、tmall 618の期間中、今一番燃えているレトルトチキンをたくさんストックして、ダイエットをすると言っていました。孫おじいさんは包装を見て驚くと、制品が実家の聊城の養鶏場から来ていた。彼は好奇心を持っていた。彼らはいつこのような時代の制品を生産できるのだろうか。

孫おじいさんが知らないのは、聊城市の近年の農産物電子商取引の発展ぶりがまさに「一騎絶塵」と言えることだ。2020年の聊城ネット販売額は126億3000万元で、前年同期比14.1%増となり、同省で2番目の増加率となった。農村のインターネット販売額は68.9億元で、前年同期比37.3%増となり、増加幅は省全体で第1位となった。

齊魯(聊城)タオバオ村サミットフォーラムが聊城で開催された。これは全国初の省級タオバオ村サミットフォーラムでもある。230余りの家電メーカーが参加し、そのうち鳳祥株、東阿阿膠、子宝ペット、聊城勝一枚など50余りの有名企業やブランドが会場に出展した。

会議では、農業農村部管理幹部学院、阿里研究院が共同で「2021阿里農産物電子商取引報告」を発表し、農産品電子商取引上位100県を発表した。山東省が20議席を独占し全国トップを挙げ、聊城県の東阿、陽谷、新県の3県が選ばれた。

新小売で「リード」から「チェーン」へ

聊城の老湯夫婦は専業で養鶏を始めて20年余りになり、数年前は2人で一緒に最大で3千羽の鶏を飼っていたが、今では1人で1回に5万羽から8万羽の鶏を飼っている……効率化の背後には「連鎖主」が働いています。

農業・農村部は6月、「農業の全産業チェーンの育成・発展の加速に関する指導意見」(以下意見)を発表し、「農業産業化の先導企業がチェーン主になるよう支援する……」と指摘した。

「チェーン主」は一般的に産業チェーン全体で優位な地位を占める市場主体を指し、鳳祥株は鶏肉の全産業チェーンの上下流に絶えず伸びて、リーディング企業から「チェーン主」への変化を実現した。

生産端では、鳳祥株が2012年から「会社+自己近代化養殖場」モデルにグレードアップした。長年、鳳祥と仕事をしてきた「老汁夫婦」は、養鶏規模が数十倍に増えたが、新しい養殖場は自動化、デジタル化が進んでいるため、仕事量が減り、鶏コレラなどのリスクも会社が負担することになり、鳳祥に養鶏産業労働者として加入することにした。

データによると、2019年の陽谷県の都市部住民の平均可処分所得は27,757元。鳳祥株は現在1万余りの雇用を提供しており、農民が約87%を占め、一人当たりの月収は4-5000元に達し、現地の平均水準を大きく上回る。

販売面では、商超などの従来品だけでは売り上げが伸びないと判断し、2017年からtモールと提携し、健康的な食生活のトレンドに合わせて、袋入り即席鶏胸肉製品を発売し、2021年3月末までに累計販売量が1億パックを突破しました。終了したばかりの618期間、tmallの旗艦店の売上高は前年同期比246.6%増となった。

老舗と新ブランドのデジタル化への道

鳳祥株以外にも、近年聊城には多くの新旧企業があり、デジタル変革を積極的に受け入れ、「チェーンオーナー」を目指している。

社会経済の急速な発展に伴い、「ペット経済」はひっそりと台頭し、ペット消費は食品に集中していることが知られている。聊城子子宝ペットはペットフードの委託販売からスタートし、今もデジタル化によって産業チェーンを通じ、「チェーン主」に成長している。

アリの統計によると、2020年には、良い子宝傘下ブランド「麦富迪」の販売台数が全国2位になった。今年4月、メフティはペット業界で唯一ランクインしたブランドで、エスティローダー、ロレアル・パリなど9つの有名ブランドと共に、tモールのゴールドメイク賞「2021年度トップブランド」を受賞し、無から有まで、そして業界のスタンダードになるという華麗な転身を実現した。

「燕の巣、黒ろば鍋、聞いたことあるか……」老舗の東阿阿膠集団は、デジタルトランスフォーメーションを推進して以来、スタート地点から問題を解決してきました。阿膠燕の巣、黒ろば鍋の食材など新商品のデジタルマーケティングで、伝統製品の販売をリードする。イベントでは、阿膠集団とフーマーが提携契約を結んでおり、老舗と新小売の握手はみんなに無限の想像空間を与えた。

それによると、東阿は、伝統的なゴム融合飼料、養殖、取引、深加工、食品、農業の観光”新六生産”の全産業チェーンのレイアウトを実施し、村の産業振興をリードしている。昨年末にはfamo.com、lazadaなど4つの越境電子商取引プラットフォームを開設し、フランス、シンガポール、マレーシアなどに輸出し、52の国産品がデジタルモデル転換を通じて海上に出た。

農村振興「聊城モデル」の背後には二つのことがある

今回のサミットで展示された「お喋りは一枚上手」は、2015年に聊城市農業農村局が登録した農業地域公共ブランドだ。昨年末までに112の農業企業が雑談優位を維持しており、オフラインセンターや阿里(アリ)などのオンラインプラットフォームを通じて、2020年の総取引額は103億元に達した。

『意見』は農業の全産業チェーンは研究開発、生産、貯蔵、輸送、販売、ブランドなどのリンクと主体が密接に関連していると指摘している……デジタルトランスフォーメーションのアップグレードを促進し、産業チェーンを拡張しなければならない。

山東省聊城市などの地元政府は、地元の有力企業を支援し、阿里などのプラットフォームのデジタル化能力を借りて、全産業チェーンを育成し、産業の付加価値空間を開拓している。

このほか、デジタル人材の育成にも積極的だ。サミットでは、アリババ東昌府区の「カスタマーサービス県」と「タオバオ教育聊城デジタル経済人材育成基地」の2つのプロジェクトも同日契約され、現地に200のデジタル雇用を提供し、eコマースの参加者3000人以上を育成し、農村振興モデルの「聊城モデル」を作るための人材サポートを提供する。

聊城市以外にも、山東省の多くの地方政府はデジタル変革を重視している。前回の山東省の記者会見でタオバオ村サミットフォーラムの状況を紹介したところ、山東省には598のタオバオ村があり、13の県が「タオバオ村100強県リスト」にランクインし、浙江省、広東省、江蘇省に続いて全国で4番目にランクインした。中でも山東省曹県は浙江省義烏に次ぐ全国第二位。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です