2021年7月24日

マクドナルド中国「グリーン成長エンジン」全開leed認証レストラン800店

マクドナルドは6月29日、中国で800店舗目となるleed認証グリーンレストランと中国本土で4000店舗目となるレストランを浙江省温州にオープンした。マクドナルド中国は「グリーン成長エンジン」で事業の継続的な高速発展を推進し、グリーンレストラン、グリーンサプライチェーン、グリーン包装、グリーンリサイクルにフォーカスすると発表した。同時に、マクドナルド中国は「良い物を再形成する」計画を正式に発表した。廃プラスチック制品を再設計し、レストランと消費者が必要とする物を形成し、循環経済の実現に助力する。

マクドナルド中国の張家茵最高経営責任者は、”マクドナルド中国事業の高速発展は、今年は500以上のレストランをオープンします。地球を愛し、「グリーン成長エンジン」で事業を推進し、環境負荷の低減に積極的に取り組んでいます。美しい中国を建設するためには、政府、業界、消費者と企業の共同協力が必要であることを私たちはよく知っています。私たちはマクドナルドのブランド力を利用して、上流・下流のサプライヤーが省エネや排出削減を一緒に推進し、さらに多くの消費者にグリーン行動を理解させ、参加させたいと考えています。」

マクドナルドの事業の中核はレストランです。既存のレストランに対して、マクドナルド中国は運営の効能を絶えず最適化し、省エネと排出削減を推進している。急速に発展する新しいレストランに対して、マクドナルド中国は権威あるパートナーと手を携えて、業界の高い標准でグリーンレストランの設計と建設に焦点を合わせます。

国際的に権威のある認証基準を采用し、新レストランは米国グリーンビルディング委員会(usgbc)の「エネルギーと環境デザインの先駆者評価」を受けます。leedのうち「インテリア設計・施工」(id + c)を認証基準とし、飲食店の立地・設計から建材・施工、エネルギー管理まで、環境負荷の低減と省エネ・削減を推進しています。

理解によると、マクドナルド中国は現在、leed認証のグリーンレストラン800軒があり、規模はアジア太平洋でトップで、毎年2万6000トン以上の排出量を削減している。2022年末には、マクドナルド中国がleed認証を取得するレストランは1800店になり、年間約6万トンの削減が見込まれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です