2021年7月24日

沖合生命は「私は大衆のために仕事をする」実践活働を進めている

沖合生命保険株式会社(以下「沖合生命」)は最近「めいを忘れず、美しい守護」テーマをめぐって、相次いで「私は群衆班実用」と創意が短い動画チャレンジ大会、「雲征」に寄付歩行事やオンライン金融保険知识の普及など、サービス会社の能力の向上と水準、美しい生活を守る。

なかでも沖生命は「私は大衆のために事をやる」実践活働を着実に推進し、段階的な成果を上げている。6月25日までに、沖合生命の各支店は国民にやさしい営業拠点を41カ所建設し、10回以上の「保険五入」キャンペーンを展開して、国民に親切で温かいサービス体験をもたらした。

前述の41の海上生命網は、公衆にマスク、消殺などの緊急物品を提供するだけでなく、公衆にできる限りの援助とサービスを提供するだけでなく、金融保険、健康保険、不法募金防止などの知識普及資料を備え、宣伝を通じて公衆の金融素養とリスク防止意識を高めている。

高齢者へのサービスにおいて、海人寿は全ての支店の窓口で多次元的に「適老化」サービスのアップグレードを推進し、目立つ表示のある高齢者サービス窓口を開設し、愛の待機座席、老眼鏡、拡大鏡などの適老施設と道具を備え、高齢者優先の業務を行うよう専任者を配置した。フロントライフの各支店では、窓口以外の営業時間にも当直者が高齢者の業務ニーズを優先的に受け入れ、高齢者の業務体験を全面的に向上させている。健康上の理由で窓口に来られない高齢者には、専従者を配置し、高齢者のニーズに応えている。

一方、沖合生命は「保険5参入」活働を積極的に展開し、国民との交流を着実に強化しています。現在、沖合生命の各支店では「保険五入」が盛んに行われており、全国各地の多くのコミュニティで金融知識の普及活動を行っているだけでなく、献血ボランティアや福祉施設やリハビリ病院への障害者訪問などのボランティア活動も行っている。沖生命の各支店は引き続き、地元の学校、農村、コミュニティ、機関、企業に足を運び、金融知識の普及活働や多様な形のボランティア活働を展開する。

后継、沖合生命は「私は大衆のために事実を実行する」実践活働を継続的に推進し、長期的に効果的なサービスメカニズムの形成を模索し、会社の公共サービス能力とレベルを絶えず向上させ、美しい生活を守る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です