2021年7月24日

秦淮データ・スーパーエネルギー複合体プロジェクトが大同に着地

秦淮データグループの「炭素炭素数基・桃花源プロジェクト」投資戦略協定が6月30日、大同で正式に調印された。

、炭素ゼロ数基・桃源郷と迷い込む话だプロジェクト新興都市である中国のデジタル経済発展、山西省大同市の依頼大同市食生活のエネルギー発展赋存の西と東数算インターネット連結区位優位政策の背景に、新世代の膨大な規模で数字の炭素ゼロインフラを中心に、着地1級、装備の智造、総合エネルギー開発などの大データを上下流のカギ産業。秦淮データ集団はまた、産業エコパートナーと連携し、スマートシティのマルチシーンのスーパーエネルギー複合体を共同で構築し、「1+4+ n」のデジタル新インフラ産業バリューチェーンクラスタを形成する。

炭素数基・桃花源ゼロプロジェクトを形成する高性能算力センター業務シーンと公共化応用、都市再生可能エネルギー徐々氷雪康体運動、冷链物流寒い供給源、知恵の農業技術と都市の棚田状の暖房温度制御などの別の炭素ゼロ知恵あまり都市サービスシーンの連動、全面的に格上げする度ごとに绿の電気の単位gdpに向け貢献し、グリーンエネルギー都市の産業+サービスの生態モデル転換をさらに模索し、ゼロ炭素新業態を形成し、従来の新しいインフラインフラを高負荷エネルギー産業から都市エネルギー型産業に転換する。

秦淮データグループは2018年に大同に定住して以来、絶えず探索し、開拓し、イノベーションを起こし、知的生産、総合エネルギーなどのデジタルインフラ産業の幅広い方向に発展している。秦淮データ集団はデジタルインフラストラクチャについてもより多くの考えと実践を持っている。つまり、デジタルインフラストラクチャは都市に恩返しをし、都市の公共サービスにエネルギーを与えるべきだということだ。

大坂データグループ創業者、ceo居静は、希望は桃花源種目で建てたあの日、みんなで見られる「黄发も、していく」と言われた都市田園シーン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です