2021年10月23日

国家エネルギー局は中国華電集団有限公司と面談

7月1日国家エネルギー局のウェブサイトによると、電力の安全監督管理を一層強化し、電力企業に当面の安全生産情勢をさらに認識させ、事故の多発多発態勢を効果的に抑制するよう促すため、2021年6月24日午後、国家能源局電力安全監督管理司は中国華電集団有限公司(以下、中国華電)に対して安全監督協議を行った。

会議は電力安全監督管理司の責任者が主宰し、中国華電の責任者、安全生産管理部門の責任者及び事故発生単位の責任者が参加した。

協議では、最近各種の安全事故が多発傾向にあり、安全生産の情勢は比較的厳しいと強調した。中国華電の最近のいくつかの事故は、企業が安全責任制の実施、安全リスクの認識、安全教育・訓練、生産現場の管理、人員の心身の健康管理、事故情報の配信などの面で多くの脆弱なリンクがあり、集団安全管理の仕事の貫通力に不足があることを明らかにした。

中国華電は当面の情勢の任務を認識し、事故の教訓を深く汲み取り、安全生産管理を絶えず強化し、次のいくつかの方面の仕事に重点を置く必要がある。一つは政治的立場を着実に高め、「人民至上、生命至上」を堅持し、グループ全体、特に末端企業は発展と安全の2つの大事をしっかりと統一し、「安全は技術、安全は管理、安全は文化、安全は責任」の電力安全作業の考え方を持ち、事故の多発態勢を効果的に抑制することだ。第二に、企業の安全生産主体の責任を着実に実行し、「3つの必須」の仕事要求に厳格に従い、安全生産の監督、保障、サポートシステムの機能を十分に発揮すること。責任圧力伝導チェーンを合理化し、安全生産の「中閉塞」現象を根絶する。末端班・組の安全建設を強化し,安全生産の基礎を固めた。第三に、事故の教訓を深く汲み取り、「見逃さない」原則に基づき、一を聞いて一を聞いて一を知る。管理措置を厳格に実行し、全員のリスク認識能力を高め、生産現場の管理力を強化する。特に現場作業者の健康と思想の動態を把握する。四、特別目的の整備3年間の行動を着実にしっかりと行い、集中的に堅めの仕事を攻略し、集団の実際と結びついて、いくつかの安全生産「長く続いた持病」を着実に整備すること;集団安全生産全体のレベルを全力で引き上げる。

中国華電は、会議の精神を厳格に実行し、政治担当を強化し、主体の責任をしっかり固め、安全生産の弦を引き締め、問題の根源を省み、管理措置を実行し、安全生産の脆弱な部分に対する監督と統制を強化し、安全生産の受動的局面を全力で逆転させると表明した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です