2021年7月24日

平安生命、腫瘍細胞免疫療法医療保険を発売

平安生命は7月1日、平安細胞免疫療法(a型)医療保険(以下、「細胞免疫a」といいます)を発売しました。「高額医療保障、先端医療技術、精密医療サービス」などの特色を生かし、細胞免疫療法専用制品を作り、患者の受診ストレスを軽減しています。

復星カイト・バイオテクノロジー有限公司のアキレンゼ注射液(以下「エックケイダー」)は、非ホジキンリンパ癌を治療するという。非ホジキンリンパ腫は治癒可能な腫瘍となっているが、治癒後に再発することは臨床的に難しい問題とされてきた。このため、平安生命はお客様のニーズを十分に理解し、医学診療の発展に応じて、細胞免疫療法の専用保険商品を発売し、年間で最大100万人の医療保障を無料で受け取ることで、お客様の安全と健康の防衛線を筑いています。

細胞免疫aの保険は7月1日にサービスを開始し、顧客は「平安金管家」アプリを通じて無料で受け取ることができる。細胞免疫療法への適応性が評価されたお客さまは、指定医療機関で治療を受けることになり、その治療に要した合理的かつ必要な医療費は、契約に定められた給付比率と補償原則を適用して保険金が支払われます。

患者の医療トラブルを解決するため、平安生命は世界的に有名な医療支援サービス会社であるfurtherと提携し、治療プランの評価、医療手配、薬代の直払いなどを含む全行程の医療手配サービスを提供している。お客様が病気になった場合には、平安生命に連絡するだけで、検査、診療、費用支払いなどの一連のプロセスを担当者が担当し、安心して病院に行くことができます。

特筆すべきは、被保険者が診断を受けてから6ヶ月間、定期的にファーザーの総合診療医が訪問し、被保険者の治療状況を綿密に観察し、心理的な指導と正しい疾病観を確立することである。ファーザーは、被保険者が製薬会社の「患者支援プログラム」に該当する場合、患者の申請を支援することもできる。

平安生命は、今回の細胞免疫a補償保険の発売は、保険市場の穴を埋め、顧客の保険保障ニーズを満たすことを目的としている。将来的には、顧客のニーズに基づいて製品をアップグレードして改革し、保険の温度を高め、顧客の健康と生活を全方位的に保護していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です