2021年10月23日

自動車ハウスは「2021中国エクセレンス管理会社」ランキングに選ばれた

デロイトトーマツ中国はこのほど、成都で第3回「中国優秀管理公司」(best managed companies、以下「bmc」)のリストを発表し、中国企業42社が選ばれた。自動車ハウスは「2021中国エクセレンス管理会社」の新しい受賞企業の一つになりました。

「中国優秀管理公司」(bmc)プロジェクトは主催者のデロイト中国が『ハーバード・ビジネス・レビュー』中国語版、香港科学技術大学ビジネススクール、シンガポール銀行と共同で参加企業を厳選し、指導し、最終的に発表した年間ランキングだ。

前2回と比較して、第3回bmc選定では、企業の「戦略、能力、コミットメント、財務力」の4つの礎石の選抜と評価に加え、ポスト感染時代の新市場秩序に対する企業の対応能力と持続可能な発展の面でも十分に考察された。

シンガポール銀行のグレーターチャイナ及びアジアアジア地区業務責任者の胡紅氏は、「受賞企業は様々な業界から来ており、彼らに共通する特徴は、優れた強靱さと目標達成に対する能力、コミットメント、そして優れた業績を持っていることだ」と述べた。

世界トップの自動車消費と生活サービスプラットフォームとして、オートハウスは中国の自動車産業の発展を助けることを使命としている。5億の膨大なユーザーデータとaiの強みを活かし、bサイド市場に向けて、メイン工場や販売店などのパートナーをaiやビッグデータ、saasサービスでデジタル化し、生産から経営、意思決定までの全プロセスをデジタル化します。データ製品では、カーハウスがスマート上場2.0を発表し、vr新車パビリオン、小動画、スマートイベントなどの複数のオンライン製品とオフラインの運営を組み合わせ、新車の露出を増やし、マルチパスで新車の熱を高める。リード商品の面では、知的効果店舗3.0を発売し、復数のプライベートドメイン運営機能を追加して、お店がユーザーに深くタッチするのを助け、プライベートドメインの流量を沈殿させ、効果的にお店がリードを増やすのを支援する。

cエンド市場を前に、カーハウスは中古車、自動車旅行などのコンテンツサービスを改善し、デジタル化サービスを革新し、継続的な改良とアップグレードを通じてユーザー体験を最適化することで、ユーザーの粘性を高めています。なかでも、オートハウスが提供する3 dやvrなどの車を見るサービスや、ライブで車を買うのを見る、さらにスマートな車探しや価格比較などのサービスは、ユーザーが車を調べたり、車を買ったり、車を買ったりする体験を最適化しており、ユーザーに人気があります。

2021年以降、カーハウスは常に新しい変化を求め、業界と困難を克服してきました。818の創始者として、継続的に成功した2つのイベントに基づいて、自働車の家は、新しい818グローバル自働車夜を開始すると発表し、長沙に818グローバル自働車フェスティバルを定住します。ほぼ3年の発展を経て、自働車ホーム818グローバル自働車祭は今スーパーipに成長して、業界のモデル転換の新しい段階に向けて業界を加速させ、業界の注目を集めて、自働車市場の信頼を高める重要な役割を果たしています。

イノベーションを続けながら、オートハウスの業績は着実に伸びています。2021年第1四半期の決算報告によると、自動車ハウスの総営業収入は18億4000万元で、同期比19.1%増だった。調整後純利益は同13.7%増の7.3億元だった。中でもデータ製品の収入は、前年同期比64.9%増の高成長を続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です