2021年7月24日

2021年「小さなイルカプロジェクト」のマンツーマン支援に200人以上のボランティアが参加

富徳生命は2021年に「小さなイルカプロジェクト」を開始して以来、年内に200人以上のボランティアがマンツーマン支援に参加している。データによると、6月20日までに、小イルカプロジェクトの1対1支援システムでは856人のボランティアが475人の恵まれない子供を支援し、累計16万元の愛の金と14万元の愛の物資を寄付した。

最近、浙江省で連日豪雨が発生し、富徳生命人寿浙江支社のボランティアは積極的に青田万阜小学校の児童・小羽さんに一対一のサポートを行っている。小羽の家族は6人で借家に押し込められており、母親は外食で皿洗いをして家計を支えており、父親は実家で農業をしていて生活が苦しいという。「ドルフィン・プロジェクト」のマンツーマン支援で、すぐにボランティアが小羽を助けるようになった。その日、小羽さんにはハートの代金2000円とランドセル、地球儀、牛乳などのハートグッズが贈られた。

「ちびっこドルフィンプロジェクト」のボランティアに預けられたサポート児童の中には、小学校一年生になったばかりの人もいれば、幼稚園に通っている人もいる。深圳在住のボランティア、張嘉安さんは今年3月、6歳の苦境にある子供、越さんをマンツーマンサポートで助けた。ボランティアが浙江省淳安県の悦悦さんの家を訪れ、援助費2000元と布団、米、学用品などを届けた。

甘肅省慶陽市合水県太白鎮に住む7歳の梅云庭さんとペアを組むのは富徳生命人寿総公司の謝暢さん。3月13日、慶陽センターのボランティアたちが到着した時、梅雲庭さんと兄は宿題をしていた。ボランティアたちは、梅雲庭さんが手伝ってくれる1500元の慰労金と学用品、栄養剤を送ってくれた。

「赤ちゃんイルカ1対1支援システム」には、富徳生命の25の子会社が推薦した567人の恵まれない子どもの情報が収録されており、このうち475人がペアを組むことに成功した。子供を愛する道で、富徳生命のボランティアの愛は千里を越えて、子供たちのそばに伝えて、彼らの夢を実現するのに助力します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です