2021年7月24日

国務院は6大政策で性賃貸住宅の保障を支援:住宅難グループを安住させる

国務院の6大政策は性賃貸住宅の保障を支援:住宅難の集団を安住させる

国務院弁公庁は2日、「保障性賃貸住宅の発展の加速に関する意見」を発表した。「意見」は土地、資金、金融、租税支援及び行政審査の最適化など6つの方面から保障性賃貸住宅の発展を全面的に支援することを目的としており、その重点は保障性賃貸住宅の企業負担を軽減することである。企業や賃貸業者など市場主体の保障性賃貸住宅への参加の積極性を高める。同時に、保障性賃貸住宅の供給を大いに増加させ、新市民、青年などのグループ、特に基本的な公共サービスに従事する人々などのグループの住宅難を解決する。

iccra住宅賃貸産業研究院の趙然(チョ・ヨン)院長は、「精度が高く、操作性が高い」というのが意見の特徴だ。

趙委員長は、今回発表された「意見」の要点が正確だと指摘した。需要側では、保障性賃貸住宅サービスの人々、需要の特徴を明確にし、制品の設計、賃貸料の設定にも相応の要求を出し、新市民、青年を保障する決意を十分に体現した。供給側では、政策が現在の保障型賃貸住宅市場の発展の二大矛盾を直撃している。一つは、市場の供給と需要のミスマッチングの矛盾であり、もう一つは、市場の支払能力の限界と保障型賃貸住宅企業の投入が大きく収益が低いという矛盾である。「意見」が提示した「需要と供給の一致を堅持する」、「産業園区で寮型の保障性賃貸住宅を大いに発展させる」、「地下鉄の上建て物件の中に一定割合の保障性賃貸住宅を建設することを奨励する」はいずれも市場の需給ミスマッチを大いに緩和するだろう。

小型坪型、低家賃で新市民住宅のニーズを満たす

今回の「意見」によると、保障性賃貸住宅は主に条件を満たす新市民、若年層などの住宅難を解決するため、延べ面積70平方メートル以下の小型坪型が中心で、賃貸料は同一地域や同品質市場の賃貸住宅の賃貸料より低い。入居・退出の具体的条件、小型坪型の具体的面積は、都市人民政府が基本保全の原則に基づいて合理的に決定する。

貝殻研究院の高級分析家、黄草は次のように指摘した。七普のデータによると、2020年の中国には3億7600万人の流動人口がいる。普遍的な収入が低いため、賃貸需要は小型坪型、低家賃が主である。新しい市民、若者などの住宅条件が悪く、住宅の供給源を探すのが困難で、特に都市の運行を維持するために必要不可欠な基本的な公共サービスに従事する人々を招いている。ため、保障性の賃貸住宅の小型、低家賃中心の可用性、未来の韓国を覆う新しい市民など群を形成する住宅保障体系は、既存の賃貸住宅の供給不足の構造的問題を緩和し、新市民、特に青年などの群に従事基本公共サービスの群も都市で暮らしている。

複数の主体が供給に参加し、住宅の規模を急速に拡大することを奨励する

『意見」が、保障性の賃貸住宅を政府が税制策定、土地や金融などの政策を支持し、十分に市場メカニズムの役割を果たし、余り主体投資を誘導、多渠道供給、「誰が投資、すべて」を続け、主要集団经营性建設用地を利用し、金融機関別に自己遊休土地、産業団地の付帯遊休住宅建設用地と误って、新たに供給される国有建設用地を適切に利用して建設し、商業サービス施設を合理的に支援する。専門化・規模化住宅賃貸業者の保障型賃貸住宅の建設・運営管理を支援する。

新しい市民、青年などの集団は規模が大きく、社会の力を動員して参加することで、保障性賃貸住宅の供給を効率よく拡大できると、黄草は指摘する。これまで公賃貸の形で無住宅の低所得家庭の賃貸問題の解決、政府財政圧迫が、提供した賃貸住宅規模は限られ、市場の力を借りて再びできる市場が误って、异动賃貸企業意欲、保障性の向上、賃貸住宅の供給規模住宅賃貸専門化に伴い、企業への支援を通じて参加保障性の賃貸住宅、成熟した住宅賃貸市場の育成にも役立つ。

ストックを生かして,職住のアンバランスな矛盾を緩和する

『意見』は、需要と供給のマッチングを堅持すると述べている。都市人民政府なら完全保障性の賃貸住宅需要と误って、土地や家屋の資源状況を結合する既存の、賃貸住宅の需給状況や品質、実を出発して、城の施策などを新築し、建築、改造、賃貸住宅手当とする政府の遊休として保障性、賃貸住宅など、多様な方式を切実に供給を増やし、「十四・五」保障性賃貸住宅の建設目標と政策措置を科学的に確定し、年間建設計画を作成し、社会に公表する。

58安居客室産研究院の張波院長は、今回の「意見」の目標がより明確になったと見ている。これまで各地で賃貸住宅の建設目標が絶えず出されてきたことを踏まえ、今回の政策では「第十四・五」保障性賃貸住宅の建設目標と政策措置を科学的に確定し、年間建設計画を策定し、社会に公表することを求めている。市場の期待を十分に満たすことができ、賃貸物件のより秩序ある上場を実現することができる。

とともに、人口純移動の大都市と省人民政府が確定した都市に、都市の人民政府の同意を経て、安全確保のための前提の下で、が産業団地で工業プロジェクト発电所行政事務や生活サービス施設の建設敷地面積の事業用地の総面積の割合は7%の上限を15%まで引き上げ、建築面積が相応の上限より向上し、引き上げ分は主に宿所型の保障性賃貸住宅の建設に使われ、パッケージ住宅の建設は禁止される。産業団地では、各工業項目に応じた敷地面積や建坪面積を集めて、寮型の保障性賃貸住宅を一括して建設することを奨励する。

『意見』は、遊休と非効率的に利用された商業事務、旅館、工場、倉庫、科学研究教育などの非居住ストック住宅について、都市人民政府の同意を経て、計画原則に合致し、権利は不変で、安全要求を満たし、大衆の意思を尊重する前提の下で、保障性賃貸住宅への改造を許可する。保障性賃貸住宅として使用される間、土地使用の性格を変更せず、土地代金を払わない。

黄卉は、土地関連政策によって、建設会社の規定通りや土地の使用契約を約束しなければならない、土地利用の性格を変更する際は再び补缴土地代金が必要であり、今回の政策は明確に条件の場合、金融機関別に遊休用地の保障性賃貸住宅を建設する遊休や非効率を利用した非住居住宅を误って改築賃貸住宅は、いずれも补缴土地代金、企業の各遊休土地を効果的に活性化させ、遊休非住居住宅を保障性賃貸住宅に投入する。

金融支援を強化し、リース企業の積極性を高める

『意見』は次のように提起している。保障性賃貸住宅の建設・運営に対する信用支援の度合いを高め、銀行・金融機関が市場化方式で保障性賃貸住宅を所有する主体に長期融資を提供することを支援する。法律遵守、リスクコントロール可能、商業持続可能の原則に基づき、ストック住宅を改築、改造して非自己財産権保障性賃貸住宅を形成する住宅賃貸企業に融資を提供する。保障性賃貸住宅に適した貸し出し統計を補完し、不動産の与信管理の際に差別化する。

同時に、銀行や金融机関が金融債券を発行し、資金を調達して住宅ローンを貸し付けることを支援します。企業債、会社債、非金融企業債融資商品などの会社信用債権の発行を支援し、保証性賃貸住宅の建設・運営に使われる。企業が保有・運営する保障型賃貸住宅は、キャッシュフローが持続的で安定的な場合、不動産を担保にした信用増進として、住宅賃貸保証債券を発行する。商業保険資金が市場化原則に従って保障性賃貸住宅建設に参加するよう支援する。

また、中央に補助金を与えて支援する。中央政府は既存の経費ルートを通じて、規定に合致する保障性賃貸住宅建設任務に対して補助を与え、また税金や税金の手段を総合的に利用して、保障性賃貸住宅の発展に対する支援を強化する。

張波局長によると、今回の『意見』は賃貸企業に資金と税金を支援することを明確に示している。例えば、中央が規定に合致する保障性賃貸住宅の建設任務に対して補助を与え、銀行・金融機関が市場化方式で保障性賃貸住宅を保有する主体に長期融資を提供することを支援する。これはいずれも、マルチチャンネル保障、賃貸購入、併設住宅制度の推進にプラスになるだろう。

関心を集めるのは、同日、国家発展改革委员会すた『不動産分野についてさらに万全のインフラ投資信託基金(reits)推進の通知』は、通知を明確に保障する賃貸住宅を含む各広域及び人口純大都市の保障性の賃貸住宅事業)をインフラreitsテスト項目。これについて、趙然氏は次のように指摘した。これは本『意見』のセット政策と見ることができ、資金の端から発展のために保障性賃貸住宅の援助力を提供する。

「意見」の発表后、各類の保障性賃貸住宅プロジェクトが直面する障害は突破する見込みで、新市民、青年などの群体に適して、特に基本的な公共サービスに従事する人の賃貸住宅の供給源の規模が拡大し、住宅賃貸市場の供給構造の不一致の問題を効果的に緩和することができる。今年は借り替えを傾注した7年、税制策定金融政策の着地につれ、保障性の賃貸住宅融資方式に多角化し、企業経営に負担の軽減、未来は多主体、多渠道保障の成熟を供給する住宅賃貸市場、多角化や品質化の賃貸需要に満足できる、各グループが多少は都市の中に居、蘇生。

(本文は新聞社からのもので、オリジナルの情報は「新聞社」アプリをダウンロードしてください。)

新聞には思慮がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です